【皇居周辺1μSv越え】日本人は加害者になってないか?

SNSのシェアはこちらから!

【皇居周辺1μSv越え】日本人は加害者になってないか?福島第一原発の爆発事故前に日本の各所には多くの外国人の観光客の姿がありました。日本政府観光局の統計によると2010年は8,611,175人、伸率26.8%と非常にたくさんの外国の方が日本を訪れています。2011年は原発事故の影響もあった為か6,219,300人、伸率-27.8%と大きく減少することになったようですが、それでもまだまだそれなりにたくさんの方が訪れてくれています。そして東京に訪れる外国人観光客の多くの人が立ち寄るのが皇居周辺ということです。



昨年このブログで中央区、千代田区の線量が高めだという記事を書きましたが、今日は東京駅丸の内口から皇居二重橋界隈の放射線測定を行ったのでその結果をお伝えします。測定器はRAE SYSTEMS社GammaRAE Ⅱ Rです。



測定結果は以下のGoogleMapにプロットしました。


より大きな地図で 2012年01月27日測定:皇居周辺 を表示

やはり明らかに通常より高い線量の場所が点在しています。事故前の線量はだいたい0.03μSv/hから0.05μSv/hということですから、空間線量でもおよそ3倍くらい値となっています。



大手町駅を出ると0.14μSv/h


これまではこの界隈の線量が特異的に高めなのでビルなどに使用されている花崗岩などが影響しているのかとも思ったのですが、ビルから離れた場所でもそれなりの値となりますので、やはり福島由来の放射線の影響があると考えた方が自然と思われます。



そして今回皇居周辺を測定しながら思ったことは、原発事故からまだ1年も経っていないのに以外と外国人の方がたくさん観光に来ているということ。事故直後は帰国したり関西方面に避難した外国人の方が多かったと聞いていますが、ここ皇居周辺にはたくさん訪れています。



このことに違和感を感じるのは、例えばチェルノブイリ原発事故から1年もたっていないのに原発200km圏内に観光に出掛けるのだろうかという事を考えてみるといいのかも知れません。

私だったらいくら誘われてもちょっと遠慮すると思います。

そう考えると、東京に観光に来ている人たちは「東京は放射能の影響はない」と誰かに聞かされているのでしょうか?

もし仮にそうだとすると後に面倒くさいことにならなければいいなと思ってしまうのです。





バスで皇居に観光にくる外国人の方達の多くはこの楠木正成の銅像を見ていることでしょう。



馬にまたがり甲冑姿のかっこいいこの像を写真に収めようと多くの人が足を止め周りにあるベンチに腰をおろします。

このベンチの座面の線量はこの通りです。



お尻の下からこの値の放射線が突き刺さってくるようです。この線量の元はというと、ベンチの下に溜まった土ぼこりやコケがその原因のようです。



このベンチ下は0.84μSv/hという値でした。

この像を囲むように設置してあるベンチは若干数値の大小はありますが、どこに座ってもそれなりです。



そしてベンチだけでなく歩道に沿って縁石のところに溜まった土ぼこりは広範囲に汚染されています。



そしてこのような車止めの周辺に集まった堆積物もこの通り0.71μSv/hです。



この辺りはマラソンの練習をするランナーが頻繁に通る場所でもあります。

風が吹けば砂埃と一緒に舞い上がる可能性もあると思われますので皇居ランナーにもこうした情報を知ってもらいたいと思います。

その上で気にしないというならそれは個人の判断となりますので。



そして今回の測定で一番の高線量を計測したのは、この和田蔵噴水公園前歩道の芝生でした。



この場所は公園側から芝生の方へなだらかな傾斜がついていて舗装面に降り積もった放射性物質が芝生に堆積したと思われます。

地上1mの高さでも0.44μSv/hを計測。



そして地表付近はというと、この通り1マイクロシーベルトを超えた値でした。



この場所はこの芝生の道が100mくらい続いていますが、ほぼ全面にわたって高い値となっています。

測定中も小さな子供やベビーカーに乗った赤ちゃんが何人もこの場所を通って行きました。





いかがでしたでしょうか?

東京駅という日本の中心地であり名だたる大企業が本社ビルを構える丸の内、そこから道一本を隔てた皇居がこんなにも汚染されてしまっていることが分かりました。特に私が今回思ったのは、冒頭にも書いたようにこの場所は外国から観光にくる方が非常にたくさんいること、そしてその場所がおびただしく汚染されてしまっていることで、私たち日本人は実は加害者になっているのではないかという事です。



観光にくる方が汚染されていることを承知の上で来ているならともかく、こうした情報を知らずに後になって発覚することになれば非常に問題が大きいのではと思うのです。

やはり今一度しっかりと測定して正しく情報を開示していくことが求められるのではないでしょうか。







スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSのシェアはこちらから!

ブログの更新情報をチェックしてね

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. うさぎ より:

    影ながら応援しています。北本市は特にダメですね。教育委員会は何もしません。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。