【公園測定】埼玉B級グルメ会場の北本総合公園にも放射能が・・・

SNSのシェアはこちらから!

【公園測定】埼玉B級グルメ会場の北本総合公園にも放射能が・・・11/26に埼玉県北本総合公園では埼玉B級グルメ王決定戦が開催されたそうで、地元北本市のトマトカレーが優勝したという記事が東京新聞に掲載されていました。

北本トマトカレー優勝 埼玉B級グルメ王

「第九回埼玉B級ご当地グルメ王決定戦」が二十六日、北本市の北本総合公園で開かれ、地元の「真っ赤な誘惑 北本トマトカレー」が優勝した。
県観光課によると、三十六のご当地グルメが出品され、来場者七万人の投票で順位を決定。二位は「こうのす川幅うどん」、三位は「嵐山辛モツ焼きそば」だった。 (山口哲人)11/27 東京新聞

しかし、こうして優勝したとなれば当然北本を訪れた人はこのトマトカレーを食べたいと考えると思うのですが、地元では見た事も聞いた事もありません。この日の為に市民が応募したメニューから選ばれたようですが、地元のお店でも提供していないメニューをご当地グルメと言い切ってしまうやり方とそのメニューが優勝してしまうという企画にはちょっと首を傾げたくなりますね。今後このトマトカレーが名物になって根付いてくれればいいのですが・・・

まあ、それは本題ではないのでこれくらいにしておきますが、今日はそんなB級グルメ王決定戦が行われた北本総合公園の祭りの後の放射線量を測定してきました。


やはり側溝付近は高いぞ!



まず芝生広場の地上1メートルの線量は0.09マイクロシーベルト。だいたい北本市内はこのくらいの時が多いようですね。



それでは、今回も公園内の線量の高い場所を順に見ていきましょう。測定値は概ね地上5cmの値です。

まずは正面入口より遊歩道を左に行ったところの側溝付近です。画面向こうから緩やかな坂の下り切ったところとなりますが、ここの側溝の落ち葉が集まったところで0.23でした。



次に入口噴水広場の北東の側溝上です。ここは両サイドの部分で0.19〜0.26ありました。



つぎは上の写真に写っている右側カラーコーンのところです。ここは土が集まり少し湿っていました。ここで0.30。かなり高いですね。



この0.30のところのアップが下の写真となります。このように砂や泥が風や雨で集まったところがホットスポットとなっていきます。

次は管理棟前のスロープ下の側溝です。ここも0.30を計測しました。こうしたスロープの下は決まって高い値が測定されます。しかも側溝の中は枯れ葉が流れずに留まっています。こうなるとセシウムも行き場を失い濃縮されていくようです。



まだまだ続きます。

次は野球場三塁側入口側溝の砂たまりです。ここは広範囲に汚染されていて、このピンク色部分で0.30〜0.40を目紛しく上下していました。細かい砂が再飛散しないのかと心配になります。



そしてこの側溝のフタがどうなっているかというと、こんな感じです。


落ち葉や土で側溝の穴を塞いでしまっています。ここの詰まった部分が高い線量となるようです。子供はこういうところを見つけると、どうしてもちょっかい出したりするので要注意です。素手で触れないようにガードしてあげてください。

そして最後は今回の計測で一番高い値を測定した場所の野球場ホーム裏となります。

この砂の集まった部分が0.35〜0.49という高い数値でした。


瞬間的には0.52を測定していたようです。(見逃していて後でログを見て分かりました)

皆さんがB級グルメに舌鼓を打っていたすぐ近くにこのような場所があるのです。このことに多くの人に気付いて欲しいと思います。

本日のバッケンレコード



今日は時間がなくこれ以上の場所は測定できませんでした。北本総合公園は結構広いため、まだまだ高い値の場所があると思われます。機会があればまた測って報告します。

わずか1時間ほどの測定でもこれだけたくさんのホットスポットが見つかりました。この記事をみて気になった人は気にしてください。それだけ子供のリスクを減らす事ができます。
各地の自治体でホットスポットの調査が始まっていますが、多くの市町村が地上1cmで0.19〜0.23を除染の目安としています。

この値が年間1ミリシーベルトという法律を守る限度と言うわけです。でもこの値には3月に大量に被曝してしまったかも知れないことや、食品や呼吸から体内に取り込まれる内部被ばくは考慮に入っていません。1ミリシーベルトを目安にするならば、0.19でも高いということになってしまいます。


こうして日常高い数値に触れているとだんだんと感覚が麻痺してきて、0.30くらいなら大したことないと感じてしまいますが、改めて高いリスクと隣り合わせでいる現実を日々忘れないようにしないといけないですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSのシェアはこちらから!

ブログの更新情報をチェックしてね

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。