あの時は何してた?(3月15日に埼玉にも来ていた放射能雲)

SNSのシェアはこちらから!

あの時は何してた?(3月15日に埼玉にも来ていた放射能雲)埼玉県の各地でも高線量のホットスポットが見つかり始め、徐々に自治体が重い腰を上げ始め、独自に市内各所の放射線量をを調査したり、給食の食材を調べようとしたりする動きが見え始めています。
戸田市などは0.23μSv/hを除染基準として測定を始めています。各市町村もこの動きに追従して欲しいと思います。
ただ調べるだけでなく、しっかりと除染基準を設けて対応することが大事です。

戸田市の放射線量測定結果について


○戸田市の暫定目標値

年間の放射線量は1mSv(ミリシーベルト)以下です。
※平常時の自然放射線以外の放射線の基準:年間1mSv〔国際放射線防護委員会(ICRP)〕

○戸田市の除染基準

戸田市では、1時間あたりの放射線量の基準を、0.23マイクロシーベルトと定めました。これは、自然放射線以外の放射線量の時間換算値0.19マイクロシーベルトに、大地からの放射線量0.04マイクロシーベルトを加えたものです。

10月24日(月)からの空間中の放射線量の測定においては、9月までの測定箇所における放射線量の推移を観察するとともに、砂場や高い放射線量が予測される箇所においても、詳細に測定を実施し、測定結果につきましては、順次このページに掲載していきます。測定の結果、0.23μSv/時を超えた地点については、速やかに除染作業を実施し、放射線量の低減を図っていきます。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

さいたま市にも放射能雲が・・・



この動画は8月8日に行われた市民団体「放射能防御プロジェクト」による 首都圏150ヶ所 放射能土壌調査会見より、さいたま市内中学校の理科の先生、川根眞也さんの発言を抜き出したものです。

放射能防御プロジェクト会見.m4v
YouTube Preview Image

【文字起こし】

えーっとまずあの、特に3月12日に北の方を含めてずっと一関の方まで含めて放射能雲が行きました。で3月15日にこの関東地方に一体に放射能雲が行きました。皆さんにお配りしましたグラフがあるかなと思うのですが、これが私があの、中学校の理科室に備え付けられていた、簡易型の線量計、放射線量計、ラディックスで測ってきたものです。えー卒業式の日だったのですが、昼過ぎから急激に放射線量が上がりました。

で、えっと、ないですか?あのこちらですね。えーっと簡単に言いますと、3月15日5時から6時、さいたま市や川口市で外で空気を吸っててはいけなかったんですね。私は大量の放射性ヨウ素131がきたと思います。

で、実際私も調べた所、ヨウ素剤を配ったのは、三春町が独自にヨウ素剤を独自に地方自治体の判断で配っています。ところが第一原発のある大熊町であるとか、双葉町であるとか、配っていません。論外です、はっきり言うと。もう、おっしゃる通りです。ヨウ素剤、第一に配るべきでした。あるんですから。で、ちなみにイギリス大使館は直ちにイギリス国民については、イギリス大使館に朝9時から4時に来なさい、全部ヨウ素剤配りますから、というのを出しましたよね。で、それはインターネット上でごく一部の人間しか知らないんですよ。

また多くの人は、特にマスコミの方もそうだと思うんですけど、3月15日のこの大量の放射能雲が関東地方を襲った事について、3月16日の朝刊で一切書いていません。私は非常に驚いています。また私のいる埼玉県の教育委員会は、さいたま市で通常の放射線量の40倍というのがメールのニュースで流れたのにも係わらず、さいたま市の教育委員会は小学校・中学校、屋外での活動は通常どおりやって構わないと言っているんですね。もう、言語道断です。私はすぐに自転車で帰りたいって言う女性教員を止めて、私の車で一緒に家まで送るからと送り届けて、私は車ですぐに家に帰りましたし、それから2日間は外にでていません。ですが、それは私がこの事実を自分で測ってて分かったからで、ちなみにうちの学校は校長とそうだんして、この日、3月15日の屋外の部活動はやめました。屋内の部活動に留めました。その後の3日間の三連休、3月の19日、20・21ですかね、その三連休については、うちの学校は対外活動は禁止、屋内活動にとどめようと決めましたが、それは内の学校の校長の独自判断です。さいたま市の教育委員会はOKを出したので、屋外で活動やったり、三連休雨に濡れながらですね、サッカーや野球をやっている所がたくさんあるんですね。で、これはもうはっきり言って、えーっ、僕は刑事訴追をすべきようなね、事態であると思っています。

柚木ミサトさんのイラストより



私も3月15日からの数日間、まさか福島から放射能雲が自分の真上にきていたなんて、これっぽっちも思っていませんでした。だって、テレビも新聞も日本の原発はチェルノブイリとは違う、放射能は漏れないと言い続けていましたから。



でも、全部うそでした。




関東も程度の差こそあれ、放射能雲に汚染されてしまったのです。

その後も被害を小さく見せようと隠蔽を続けているため、みんながしなくていい被曝を、今この瞬間も受け続けているのです。

その事を知らない人がまだまだたくさんいます。もっと誰もが事実に気がつかないと。
柚木ミサトさんのイラストより

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSのシェアはこちらから!

ブログの更新情報をチェックしてね

コメント

  1. […] しまっています。 ※こちらの記事を合わせてお読みください>あの時は何してた?(3月15日に埼玉にも来ていた放射能雲) ロシアのバーレバらは、ロシア、ブリャンスク州の汚染地域 […]

  2. […] あの時は何してた?(3月15日に埼玉にも来ていた放射能雲) 2011/11/01 […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。