川に流出した除染廃棄物。本当の問題はどこにあるのか?

SNSのシェアはこちらから!

川に流出した除染廃棄物。本当の問題はどこにあるのか?

今回の豪雨でクローズアップされる「黒い袋」より、はるかに高濃度な放射性物質が河川や海洋に流れ込んだのでは?

指摘
どうも!Marcoです。
東日本の広い地域に最悪の被害をもたらした今回の豪雨ですが、改めて自然の力を見せつけられた出来事となりました。
被災された方の1日でも早い復興を願ってやみません。


しかし、自然と共に暮らすには、畏怖の念を抱きつつ、常に災害に備えておかなければならないことになるわけですが、どうもそうではないような報道が聞こえてきました。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

なぜ、後から報告数がどんどん増えるのか?

原発問題 さんのブログより転載

原発問題さんのブログより転載



その「気になる物」とは、除染で回収した土や草を一時保管するフレコンパックと呼ばれる黒い袋です。

たまにニュース映像でも高く積まれ行き場のない黒い塊が映し出されることがあるので、見覚えのある方もいるのではないでしょうか。

そのフレコンパックが、今回の大雨で保管場所から大量に流されてしまったというニュースです。

東日本大震災:福島第1原発事故 飯舘の除染廃棄物、流出の240袋を発見

 東京電力福島第1原発事故の除染による廃棄物を詰めた大型袋(容量1立方メートル)が、大雨で氾濫した福島県飯舘村の河川に流出した問題で、環境省は12日、同村内で238袋、下流の南相馬市原町区で2袋の計240袋を発見したと発表した。南相馬市の2袋は中に何も入っておらず、流失したとみられる。飯舘村では111袋を回収したが、残る127袋は重機や人が近づけない河川の中州や対岸にあり、水位の低下を待って回収する。

 中身が入っていなかった2袋について、同省は「最近刈り取られた草などで放射性物質濃度は比較的低く、周辺環境への影響はほとんどない」と説明している。【大塚卓也】

2015年09月13日 毎日新聞 より転載


こちらの「真実を探すブログ」さんでも
【ヤバイ】福島県の大雨で除染袋が流出!放射能性廃棄物入りの袋が川に流れる!各地で被害も
と詳細に報じています。

1日前の報道では、中身の漏洩はなかったと伝えていましたが、時間とともに状況が変わってきています。
スクリーンショット 2015-09-13 7.08.18

最初このニュースを聞いた時

「10数個が流された。でも袋は破れてないので問題ない」

的な伝わり方だったと思うのですが、どんどん数が増えています。

さらに2袋は中身が流れ出てしまったということですので、せっかく回収した放射性物質が再び環境中にバラまかれたということになります。

時間が経つたびに流出した袋の数が増え、さらに実は破れている袋が見つかりましたという報道。

あの頃から何も変わらず、悪い情報は後から徐々に明らかになっていきます。

ということは、今伝わっていることよりも、もっとひどい実態が隠れているということは歴史が証明してますし、僕たちみんなが身を持って現在進行形で体験していることなので、今回の報道も話半分に聞いておかなければなりません。


2袋なら誤差の範囲では?

Google Mapで流出したという新田川を航空写真で見ることができます。
合わせて飯館村におかれている除染廃棄物と思われる黒い袋も確認できます。
Google Mapより転載

Google Mapより転載



これらが今回流れ出たものかは分かりませんが、事故から4年半という歳月が過ぎ、耐用年数がおよそ3年と言われているフレコンパックは、中の草が袋から出てきたり、破けて中の土などが出てきてしまっているものあると言う声も聞いています。

大雨が降ることはある程度想定済みのはずなので、今回の流出は防ごうと思えば防げたはず。
復興を加速したいなら、もっとこうした被災地の原状回復に人もお金も使うべきなんですよね。


まあ、流れ出た新田川をGoogle Mapの航空写真で見てみればわかりますが、到底除染などできない森の中を巡って南相馬へと流れ出ています。
Google Mapより転載

Google Mapより転載



ということは、袋の除染物が流れでなくても、森の中に降り積もったセシウムが多量に川に流れ込んでいるということは容易に想像できてしまいます。

今回の大雨による影響というのは、福島県や茨城県という土壌に多くの放射性物質が降り積もった地域で発生しました。

除染できずに環境中にとどまっている放射性物質が今回大量に河川に流れ込み、多くはそのまま海洋へと流れ出ることでしょう。

また、川に大量に流れ込んだということは、下流にある浄水場は一時的にセシウム他の濃度が濃くなることは火を見るより明らかですね。

本当に困ったものです。

原発事故とは一度起こしてしまうと、こんなにも後世に影響が残る最悪の事故なんだということを、世界中の人たちが理解すれば脱原発に向かうことができるのかな?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSのシェアはこちらから!

ブログの更新情報をチェックしてね

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。