空間線量が上昇中?|観測すること想像することを忘れずに

SNSのシェアはこちらから!

空間線量が上昇中?|観測すること想像することを忘れずにどうも!Marcoです。

やっと暖かくなってくると思ったら、週末はまたまた雨。
大雪の予報も出ていたため、いい加減ウンザリしていましたが、今のところ雪が降る様子はありません。
medium_4034662014 今週はどうやら筋肉痛にはならずに済みそうです。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

空間線量、上昇?



本格的な春を前にして、寒暖が行きつ戻りつするこの季節は健康を維持するのも大変です。
ちょっとの体調の変化にも注意しておきたいですね。

そんな時、友人からメールが届きました。

「数日前から空間線量が上がっているみたいなんだけど・・・」


えっ?そうなの?

最近はあまり豆にチェックをしてなかったので、改めて線量を確認。


リビングのGamma RAEはいつもと変わらず 毎時0.05マイクロシーベルトを表示。

それではと原子力規制委員会のホームページからモニタリングポストの計測値を確認です。
とりあえず、埼玉県の数カ所を確認すると、確かに昨日の夜から数値が上がっているようです。
スクリーンショット 2014-03-02 15.02.13 http://radioactivity.nsr.go.jp/map/ja/area2.html

関東近県のモニタリングポストの値も同様に上昇傾向。

発電はしていないとはいえ、海岸線をぐるりと原子力発電所や研究施設に囲まれていますので、もしかしらた何か事故があったかも知れないと、危機感を失わないようにはしておきたいものです。


手放しに安心できない、その理由



今回の上昇は、上昇率事態がそれほど急激ではないため、気象状況から雨の影響だということは、なんとなく想像できました。
念のため、東京都の降雨データと空間線量率をグラフにしてみました。

スクリーンショット 2014-03-02 14.59.26 ▼大きく表示はこちら
放射線モニタリング情報と降雨量(東京都)

このグラフからも降雨と線量の上昇に相関関係があることが分かります。
大気に含まれる自然放射線が雨と一緒に地上近くまで降りてくるため、雨の時は線量が上がると言います。
なので、あまり心配する必要はないと思われます。

でも、この季節、「花粉」や「PM2.5」など放射性物質以外の有害物質も大気中に含まれています。

これらが合わさり地上付近まで降りてきて、複合汚染となる可能性を秘めていますから、手放しに安心はできませんね。

想像力を働かせて、子どもたちの健康を守ってあげてください。


photo credit: bernat… via photopin cc



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSのシェアはこちらから!

ブログの更新情報をチェックしてね

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。