【気になるニュース】大気中濃度一時的に上昇 福島大が放射性物質測定 影響なし|汚染水だけでなく大気中にもダダ漏れでした!

SNSのシェアはこちらから!

【気になるニュース】大気中濃度一時的に上昇 福島大が放射性物質測定 影響なし|汚染水だけでなく大気中にもダダ漏れでした!どうも!Marcoです。

大気中濃度一時的に上昇 福島大が放射性物質測定 影響なし というニュースが目に止まりました。

medium_3483781370

モニタリングポストの値が一時的に高くなると「故障でした」という報道を何度か目にしましたが、ほんとに故障や誤動作だったのでしょうか?
人間の五感で感じられないということは本当に厄介ですね。


大気中濃度一時的に上昇 福島大が放射性物質測定 影響なし

 東京電力福島第一原発事故以降、大気中の放射性物質濃度を継続して測定してきた福島大は13日、これまで一時的に濃度が上昇するケースが出ていると発表した。上昇しても放射性物質はごく微量で、周囲の空間放射線量に影響しないレベルだが、担当の渡辺明教授は「変動状況から、原発からの放射性物質の放出に伴う上昇と推測できる」として放出状況の継続的な監視強化を求めている。

 測定は福島市の同大の建物屋上(地上24メートル)で、大気中に含まれる放射性セシウムの量を調べている。1立方メートルに含まれる量は、原発事故が発生した平成23年の平均値は1・99ベクレルの1000分の1だったが、24年には5・16ベクレルの1万分の1、25年(8月まで)には2・69ベクレルの1万分の1まで減少してきている。

 しかし、今年5月27日の測定で1・35ベクレルの1000分の1という一時的に23年の平均に近い数値が出た。季節変化や気象の影響などを考慮しても不自然な数値であり、原発からの放出が要因と疑われるという。

 同大は大気中の放射性物質の動態をより詳細に把握するため13日、放射線測定器を気球に付けて約30キロ上空まで飛ばす「放射能ゾンデ観測」をスタートさせた。今後、月1回、30回程度の観測を予定している。
2013年11月15日 福島民報より転載


これまでも東京電力は福島第一原発からは毎時1000万ベクレルの放射能が漏れていると公式に伝えていました。
この報道でも「影響はない」としていますが、本来漏れてはいけないモノが漏れてでてきています。

カンピョウとか、切り干し大根とか、干し柿とか、あんぽ柿とか、干し物のベクレルが高いこととは影響がないのかな?

まずは、「まだ漏れてる」という事実を抑えておきましょう!


今回の記事について、こちらのサイトに詳しくまとめられています。
福島原発事故以降も放射線量が突発的に急上昇していた事を福島大が認める!やっぱり、福島原発からは放射能がダダ漏れ! – 真実を探すブログ
レベルだが、担当の渡辺明教授は「変動状況から、原発からの放射性物質の放出に伴う上昇と推測できる」として放出状況の継続的な監視強化を求めている。  測定は福島市の同大の建物屋上(地上24メートル)で、 …





photo credit: Esparta via photopin cc



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSのシェアはこちらから!

ブログの更新情報をチェックしてね

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。