【気になるニュース】福島 終わらぬ除染 線量が再び上昇

SNSのシェアはこちらから!

【気になるニュース】福島 終わらぬ除染 線量が再び上昇どうも!Marcoです。
除染は幻想なのでしょうか?

以前、書いたこの記事

【測定と除染】一度ではダメ!埼玉であってもセシウムは再度溜まります
原発事故から1年と7ヶ月が過ぎようとしています。 子ども達の生活環境にはセシウムが降り積もってしまったわけですが、多くの行政と学校...

でも分かるように、埼玉県であっても再濃縮することが判明しています。

さらに汚染が高い場所では、容易に想像できることだと思うのですが・・・

福島 終わらぬ除染 線量が再び上昇


東京新聞 2012年11月20日

東京電力福島第一原発事故で飛散した放射性物質を除去する作業(除染)を終えた福島県の山あいの地域で、除染後しばらくすると放射線量がまた上がるケースが出ている。風雨で運ばれた放射性物質が、道路脇や軒先に再びたまり、線量を上げているとみられる。除染の難しさが顕在化した形で、住民からは「何度除染すればいいのか」と悲鳴にも似た声が上がっている。(榊原智康)

福島市東部の大波地区では、半年前に除染したが、局地的に線量の再上昇が起こっている。町会長を務める栗原俊彦さん(71)の測定では、ある民家の軒先では事故後、毎時一〇マイクロシーベルト(〇・〇一ミリシーベルト)以上の線量があり、今年三月に除染で一・八マイクロシーベルトにまで低下した。だが、十月には七・八マイクロシーベルトにまで戻った。

別の民家前の道路脇でも、除染で一・五マイクロシーベルトに下がったが、十月には一〇マイクロシーベルトにまで上昇した。


いずれの値も地表付近の値で、腰辺りの高さだと値はぐんと落ちるが、生活圏に線量を放つ物質が残っていることが不安材料であることに変わりはない。

同市の除染担当者は「屋根や雨どいの除染で、取り切れずに残った放射性物質がはがれて、雨で下に移動し、軒先などに濃縮された可能性がある」と分析する。大波地区では、民家の除染は進んだが、地区の大部分を占める森林はほぼ手付かず。山の斜面から水や土砂が流れ込むような道路脇などでは、除染をしても、また放射性物質が流れ込み、線量の再上昇につながっているとみられる。

山のふもとにある福島市渡利地区でも除染した道路の側溝に再び砂などがたまり、三~四マイクロシーベルトの線量に上がった場所がある。

市役所の出張所などの計測データでは、除染後は大波、渡利両地区とも線量が大幅に下がっている。ただ、除染後に線量が再上昇する地点があるのは事実で、きめ細かな対応が必要になる。東北大の石井慶造教授(放射線工学)は「ある程度汚染されてしまった地域では、除染は一度では終わらない。息の長い取り組みが必要だ」と話している。


シーベルトでの測定値しか出ていませんが、ベクレルで計測したらどの位の濃度なのでしょうか?


「除染は一度では終わらない。息の長い取り組みが必要だ」


なんて言ってる間に被ばくはどんどん蓄積していきますね。
のんき過ぎるコメントだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSのシェアはこちらから!

ブログの更新情報をチェックしてね

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。