【気になるニュース】黒い粉 2万ベクレルのセシウム(秩父ミューズパーク)

SNSのシェアはこちらから!

【気になるニュース】黒い粉 2万ベクレルのセシウム(秩父ミューズパーク)このニュースもチェックですね。秩父ミューズパークで2万ベクレル/kg越え。
行政は静観だそうです。

Web Guide 秩父さんより転載

Web Guide 秩父さんより転載



黒い粉 2万ベクレルのセシウム

2012年11月16日

◇秩父ミューズパークの駐車場 民間団体測定

秩父ミューズパーク(秩父市、小鹿野町)の駐車場で見つかった黒い粉から1キログラムあたり2万ベクレルを超すセシウムが検出されたとして、食材の放射性物質を調査する民間団体「私達(わたしたち)の未来測定所・秩父おがの」代表の田島昭泉さん(55)が15日、公表した。

田島代表は11月2日に住民の通報で現場で粉を掃き集め約1キロ回収。3日に測定したところ、1キログラムあたり2万1567ベクレルを検出したという。秩父市危機管理課にも通報した。

この日は、秩父市と小鹿野町の担当者立ち会いで粉を測定。同1万3千~1万9千ベクレルのセシウムが検出された。

担当者は「空間線量は県基準の毎時1万ベクレルを下回っている」として除染はせず静観する方針を示した。

田島代表は「1万ベクレルを超える放射性物質は厳重管理が必要」と指摘、行政の対応を求めた。黒い粉は「福島県内などでの同様の報告事例から藍藻類か土ではないか」と話している。

朝日新聞


先日はさいたまラボさんの測定で、埼玉県蓮田市でも2万ベクレル/kg越えの話を聞きました。

埼玉県でも濃縮が進んでいるようですね。

このベクレル測定と除染基準の乖離の問題は今後各地で問題となってくると思われます。

皆さんも自分の身の回りの土溜まりを測定してみてください。


▼参考

側溝土砂2割が8000ベクレル超 一関市、国に処理方法要求 

2012/8/3 産経新聞

一関市は、市内の道路側溝に堆積している土砂114カ所の放射性セシウム濃度を調査した結果、除染実施計画の区域外を含む22カ所(19%)で国の基準(1キログラム当たり8千ベクレル)を超えたと発表した。国に対し、土砂の処理方法や財政支援を求めていく。

調査は5月、市内38地区で3カ所ずつサンプルを採取して実施した。基準を超えた22カ所は、8100~4万9千ベクレル。このうち9カ所が、国庫補助を受けて市が行う除染実施計画の対象外区域だった。

除染実施計画は、放射線量(毎時0・23マイクロシーベルト以上)で区域指定しているが、放射線量が低くても土砂の放射性物質濃度が高いケースもあり、区域外の9カ所が除染実施計画に追加されるかどうかは不透明。

8千ベクレルの基準を超えている高濃度廃棄物は国が責任を持って処理することにしているが、土砂の一時保管や最終処理方法は示していない。市放射線対策室は「市民の安心を確保するため、国に別立てで手当てしてほしい」としている。

ねっ、空間線量では分からない濃縮が始まってるでしょ?


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSのシェアはこちらから!

ブログの更新情報をチェックしてね

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。