【気になるニュース】甲状腺がんの疑い 福島県直ちに2次検査、初めて1人判定

SNSのシェアはこちらから!

【気になるニュース】甲状腺がんの疑い 福島県直ちに2次検査、初めて1人判定どうも!Marcoです。
先日話をした人に

「そんなニュース知らない!(驚)」


という事がありましたので、カテゴリーを追加することにしました。

題して 【気になるニュース】 カテゴリー

原発関連と内部被ばくに関するニュースや情報をキャッチしましたら、このカテゴリーに追加していきます。



そのひとつ目は次のニュースです。

まずは河北新報

甲状腺がんの疑い 福島県直ちに2次検査、初めて1人判定


河北新報 11月18日(日)6時10分配信

 東京電力福島第1原発事故による放射線の影響を調べるため、福島県が18歳以下の約36万人を対象に行っている甲状腺検査の1次検査で、がんの疑いがあり「直ちに2次検査が必要」と初めて判定された子どもが1人いることが17日、関係者への取材で分かった。
18日に開かれる「県民健康管理調査」検討委員会で報告される。
調査を進めている福島県立医大は「チェルノブイリ原発事故でも甲状腺がんの発見に最短で4年かかった」として、放射線との因果関係は低いとみているが、血液や細胞を調べ、がんかどうか判断する。
1次検査による判定は、しこりの大きさなどを基に、軽い方から「A」「B」「C」があり、今回の1人は「C判定」。
9月の検討委では、緊急性は低いが念のため2次検査が必要という「B判定」だった1人が、甲状腺がんと判明したと報告された。だが、がんの状態から「震災以前に発症していた疑いがある」として、原発事故の放射線との因果関係を否定している。
県立医大は「県内全ての子どもの検査という前例のない調査なので、早期発見の子は少なからず出る。放射線との関係を丁寧に調べていく」としている。
最終更新:11月18日(日)6時10分

河北新報


次が時事通信社

1人が早急な再検査必要=18歳以下の甲状腺検査で―福島

時事通信 11月18日(日)16時31分配信

 東京電力福島第1原発事故を受け、福島県が当時18歳以下の子供を対象に実施中の甲状腺検査で、1人ががんの可能性もあるとして早急な再検査が必要とされる「C」判定を受けたことが18日、県民健康管理調査の検討委員会で明らかになった。C判定が出たのは初めて。
判定を受けたのは当時16~18歳の女性。再検査中で、結果はまだ分かっていない。再検査した福島県立医科大の担当者は「良性、悪性にかかわらず、治療が必要」と説明している。
甲状腺検査では、しこりや嚢胞(のうほう)がないかあっても小さいものをA、ある程度の大きさがあり2次検査が必要なものをB、直ちに2次検査を要するものをCと、3段階で判定している。
対象者約36万人のうち、受診を終えたのは約11万4000人。うち1人が甲状腺がんと診断されたが、県立医大は原発事故の影響の可能性は低いとの見方を示している。


そして、福島民報

1人が「直ちに2次検査」 県の甲状腺検査


福島民報 11月18日(日)10時57分配信

 東京電力福島第1原発事故に伴い、福島県が実施している県民健康管理調査の甲状腺検査の1次検査で、甲状腺がんの疑いがあり「直ちに2次検査が必要」(C判定)と判定された子どもが1人いることが17日、分かった。C判定が出たのは初めて。
関係者によると、既に2次検査を受けている。
18日の県民健康管理調査検討委員会で報告される。
1次検査はしこりの大きさなどを基に、「しこりがないことなど」(A)、「2次検査対象」(B)、「C」の判定がある。
調査を進めている福島医大は「チェルノブイリ原発事故でも甲状腺がんの発見に最短で4年かかった」として、放射線との因果関係は薄いとみているが、血液や細胞を調べ、がんかどうか判断する。

福島民報社


甲状腺の異常の原因が原発事故に起因するのかは、すぐには判断できませんが、注視すべきニュースですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSのシェアはこちらから!

ブログの更新情報をチェックしてね

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。