【原発事故収束宣言】って、勝手に終わらせてんじゃねぇ!

SNSのシェアはこちらから!

【原発事故収束宣言】って、勝手に終わらせてんじゃねぇ!2011年12月16日[1 /7] 1F事故の政府対応に関する緊急会見 自由報道協会
YouTube Preview Image

2011年12月16日、野田総理は福島第一原発事故について「冷温停止状態」を達成したと宣言しました。
この宣言に対して各方面から様々な声が上がっています。

事故収束を宣言する野田首相


まずは肯定する意見から、

IAEA
「日本政府と東電が工程表のステップ2を「計画通り年内に終えた」と評価する」と声明を発表した。

アメリカ国務省 ナイズ国務副長官
「非常に喜ばしい」と歓迎し、次の課題となる周辺地域の除染に米国企業が参加を望んでいると述べた。


以上、毎日新聞より引用



原発事故以降、大手メディアはなんだかんだ言っても原子力行政を肯定する方向でしたが、さすがに今回の発表ではそういった発言はあまりなかったのか、好意的な見方はあまり見つかりませんでした。

好意的なコメントをしたのが原子力を推進したいIAEA除染ビジネスに手を出したいアメリカ国務省というのが「いかにも!」といった感じで、分かりやす過ぎますね。
結局、除染除染と言っているのは金儲け出来るからなのでしょう。


では、それ以外にはどんな見方があるのか?

まずは海外メディアから。

仏AFP通信
「冷温停止状態で安全が確保されたという意味ではない」と解説


独DPA通信
「安全な状態には程遠く、これで冷温停止を宣言するのは意図的なウソと紙一重だ」と批判する専門家の見方を紹介


米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)
宣言について、原子炉に残る危険から「注意がそらされる恐れがある」との専門家の懸念を伝えた


韓国の聯合ニュース
宣言に「事故の収拾作業が峠を越えたことを内外に示す意図がある」と分析


中国国営通信新華社
「炉内がどれほど安定しているか断定できない」との専門家の見方を伝える一方、日本メディアの見方として「広範囲の除染や被災者の帰宅」など日本政府が直面する課題を報じた


仏ルモンド紙(電子版)
「原子炉解体、環境の回復には時間を要する」と長期の取り組みの必要性を強調した


以上、毎日新聞より引用


米CNNテレビ(電子版)
「日本政府は大きな出来事としようとしているが、現実は違う」「(原発の安全性に関する状況は)6月時点と基本的に変わっていない」との専門家の見方を紹介した


英国放送協会(BBC)も電子版
「放射線レベルがいまだ高く、帰宅できない人が多くいる」と指摘した


シュピーゲル(電子版)
「東京電力には良いことだが住民にとっては意味がない」と批判的に伝えた


以上、日経新聞より引用



海外の見方は「ウソと紙一重」と手厳しいですね。まあ、当たり前なのですが。


では当事者である日本の人々の反応はというと。

民主党 小沢一郎元代表
冷温停止と言うが本当に大丈夫なのか。安全が担保されているわけではない」と懸念を示した(産経新聞)


自民党 茂木政調会長
本当なら歓迎すべきだが(原子炉が)どういう状態になっているか具体的に示されていない。その結果を見た上で判断したい」


公明党 山口代表
収束という野田佳彦首相の言葉を聞いても、素直に安心感に結びつかない」とし、「政府も東京電力も情報公開し、国民や国際社会に実態を明らかにする責務がある」と語った。


みんなの党 渡辺代表
「大量の放射性物質を既に吐き出してしまっている。そんな状態で何が冷温停止だ」と宣言に反発した。


以上、東京新聞より引用


佐藤雄平・福島県知事
事故収束への道のりが険しいことに変わりはない。国と東電は今後の工程や目標を分かりやすく情報開示してほしい


馬場有(たもつ)・浪江町長
これまでの国や東電の情報開示には大変不満で、ステップ2終了もまともに受け取ることはできない。2~3年以内に帰還したいので、国は生活基盤整備や働く場の確保に努めてほしい


渡辺利綱・大熊町長
事故の収束とは、町民が戻って安心した生活を送れることなので、まだ一里塚だ。除染のモデルケースの結果を見ながら、前倒しで復興計画を作りたい


松本允秀(まさひで)・葛尾村長
国には除染作業を急いでほしい。子供が住めないと限界集落になってしまう。村の基幹産業は農業だが、農作物が売れないと帰還しても村民の生活が成り立たない


以上、毎日新聞より引用



各党代表も福島の各自治体の首長も、今回の収束宣言には否定的な見方をしています。
では現場の作業に携わる方たちはどう思っているのでしょうか?

作業を終え首相会見をテレビで見た男性作業員
「俺は日本語の意味が分からなくなったのか。言っている事が分からない。毎日見ている原発の状態から見てあり得ない。これから何十年もかかるのに、何を焦って年内にこだわったのか」とあきれ返った


汚染水の浄化システムを担当してきた作業員
「本当かよ、と思った。収束のわけがない。今は大量の汚染水を生みだしながら、核燃料を冷やしているから温度が保たれているだけ。安定状態とはほど遠い」と話した。


ベテラン作業員
「どう理解していいのか分からない。収束作業はこれから。今も被ばくと闘いながら作業している」「また地震が起きたり、冷やせなくなったら終わり。核燃料が取り出せる状況でもない。大量のゴミはどうするのか。状況を軽く見ているとしか思えない」と憤った。


別の作業員
「政府はウソばっかりだ。誰が核燃料を取り出しに行くのか。被害は甚大なのに、たいしたことないように言って。本当の状況をなぜ言わないのか」と話した。


以上、東京新聞より引用



作業員の方はより厳しい見方をしています。毎日崩れ落ちそうな原子炉を見ている人の言葉は重いものがあります。

そして、未だに帰郷の道筋が見えない双葉町の方の言葉です。

長年原発作業にかかわっていた深井三郎さん
「まだ原子炉内には燃料が残っている。原子炉の安定と事故の収束は違う」と語気を荒げた。また「こんなときに宣言するなんて(被災者を)ばかにしている」と話した。


無職 田代清子さん
「双葉に帰れるわけじゃない。首相は避難区域を見直すと言うが、原発が完全に止まっていない状況で誰が帰るのか」と憤った。


同町のある男性
「事故収束よりも、帰れない私たちはどうすればいいのかを説明してくれた方が助かる」と淡々と語った。


井戸川克隆町長
「(工程表の)ステップ2を達成し、事故現場の皆さんには地球の危機を救った大恩人として感謝したい。政府には事故収束と同じく大きな(課題の)生活保障と社会復旧を、地元と十分協議してやっていただきたい」とコメントを発表した。


以上、東京新聞より引用



まだまだ怒りの声は収まりません。関東各地の子供を守りたい親たちの声です。

子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク代表 伊藤恵美子さん
「子どもの健康を考えると決して安心できる状態ではない」「子供の健康被害は全く気が許せない状況なのに、首相は一段落した雰囲気を醸し出していた。『もう大丈夫』と安心したお母さんたちが、内部被ばくを気にせずに子供たちに食品を与えれば、将来危険にさらされる」
「首相は食品検査を徹底すると言ったが、これまでの検査が甘すぎる。厳しい検査システムを整えて欲しい」と訴えた。


七ヶ月の長男を育てる会社員岩田慶子さん
「首相の宣言は、ただ急いでいる感じがした。何かだまされているようで怖いです」


二人の保育園児を育てる「稲城放射能から子どもを守る会」落合美和代表
「首都圏でも空間線量は下がっていない。土壌の放射線量も高い。放射能が、まだ飛び散っていることを分かってほしい」と話した。


四歳の幼稚園児がいる中野区の父親
「国は給食の放射線を測定する機器への補助などを通じ自治体をもっと支援したり、より安全な除染基準を設けたりしてほしい」と話した。


以上、東京新聞より引用



それぞれの立場の人がそれぞれの思いを語っていますが、共通するのは誰も事故が収束したなどとは思っていないこと。

政府と東電の描いたシナリオは一体誰に向けての収束なのでしょうか?


最後のコメントはこの専門家の言葉です。

東京大学原子力工学 岡本孝司教授(ステップ2は達成しているとの立場)
「収束への一歩であることは確か」としながらも、「私個人としては、核燃料を取り出したときが事故の収束だと思っていた。言葉の解釈の違いなんだろうが・・・」と戸惑った様子だ。


京都大学原子炉実験所 小出裕章助教(反原発の専門家)
「そんなこと言ったんですか?」「間違いじゃないの」
「あきれた人たち」と言って沈黙。しばらくして「すみません。私の中でそれ以外の言葉が探せない」



以上、東京新聞より引用





どじょうが「収束」と言った所で、誰も幸せになる人がいません。
いつまでこんな茶番劇を演じるつもりなのでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSのシェアはこちらから!

ブログの更新情報をチェックしてね

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. うさぎ より:

    北本市の自殺したこどもの特集をテレビでやっていました。北本市教育委員会はなにも認めないのですね。ひどい人達。情けない人達。放射線のことも同じような扱いです。

    • @marco_kitamoto より:

      そのテレビと事件を知らなかったのでコメントできませんが、自分の任期の間に事が起きないようにと思っているとは感じますね。もっと子供達の方を向いて仕事をしてもらいたい所です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。