【iPad Air2購入】iPad Airから乗り換えてみたぞ!

SNSのシェアはこちらから!

【iPad Air2購入】iPad Airから乗り換えてみたぞ!どうも!Marcoです。

Appleより「iPad Air2」と「iPad Mini3」が発売されました。
僕は現在「iPad Air」を使っていますが、一番長く使うシーンは通勤の電車内ということもあり、少し小ぶりの「Mini3」の存在が気になっていました。

medium_4727315205

スポンサーリンク
スポンサーリンク

実は大化けしてたiPad Air2



スクリーンショット 2014-10-28 22.10.24
しかし、「Mini3」は発表されたものの、これまでの「Mini RetinaDisplay」に指紋認証機能「Touch ID」がついただけという肩透かしなものでした。先に発売された「iPhone6」のデザイン踏襲や、さらなる薄型化と軽量化を勝手に妄想していただけに、何ともガッカリなマイナーバージョンアップだったわけです。

そんなわけで、勝手に盛り上がっていた熱も引き潮のごとく冷めていったのですが、10月16日の公式発表後からネット上の様々な記事を読んでいると、「iPad Air2」の評価が日に日に高くなっていくではありませんか。

Appleの公式ホームページの内容が更新されて、「iPad Air2」のスペックや更新された機能を見ていくと、これは今の「Air」を手放して「Air2」に乗り換えるという選択肢がフツフツと芽生えてきました。

スクリーンショット 2014-10-28 20.23.03
一番インパクトがあったのは、その薄さです。
現行「iPod Touch」と同じ6.1mmという薄さは、その見た目だけで所有欲を誘うものがあります。

さらにカメラとビデオの機能が強化されたこと。
スクリーンショット 2014-10-28 21.33.02 レンズはf値が2.4と明るくなり、画素数も500万から800万画素へ引き上げられました。
このカメラ機能は「iPhone6」で既によい評価が出ていますので、そこそこの機能のコンパクトデジタルカメラと変わらないものです。

そこに連写機能のバーストモードやビデオで使えるタイムラプスやスローモーションなどの独自機能が追加されており、今までと違う使い方ができるというのも魅力ですね。

実はこれには布石があって、今までiPadで写真やビデオを撮るのは、なにやら違和感があり、積極的には利用していなかったのですが、先月子どもの運動会でビデオの電源が突然なくなるという事態に見舞われ、急遽「iPad Air」で撮影をしたのですが、それがなかなかどうして、大画面は意外と被写体が見つけやすく撮りやすかったことと、後で再生した際にもそこそこ綺麗に撮れていたのでした。

まさに新境地を発見した瞬間でした。


そんな「Air」から「Air2」に乗り換えたメリットをアレコレ考えていたら、週末には手元に「Air2」がありました。ハハハ(^◇^)



ファーストインプレッションは?




スクリーンショット 2014-10-28 20.32.19
今回はWi-Fiモデル 64GBのシルバーを選択しました。
「Air」はスペースグレーだったのですが、ちょっと気分を変えてシルバーにしてみました。

巷ではゴールドが一番人気のようですが、僕は「Air2」の最大の特徴である薄さを一番視覚的にも感じられるのはシルバーだと確信し、この色を選びました。

以前の記事に書きましたが、映画などの映像コンテンツをじっくりと見る人にはスペースグレーの黒ブチの方がよいかもしれません。

▶︎iPad購入|色に迷ったら・・・映像系コンテンツの没入感は断然スペースグレー(黒)

この辺りはお好みで。


「Air2」の板状のシンプルな筐体で唯一のアクセントとなっているTouch IDのボタンデザインですが、シルバーのリングが一番しっくりきました。スペースグレーはTouch IDのところがイマイチ残念な感じです。

まだ数日しか使っていないのでレビューとまでは行きませんが、購入を検討している方の参考になればと思い、簡単に第一印象を書いておきます。


やっぱり軽い!


その差30gとはいえ、「Air」から乗り換えても軽く感じます。重量のバランスなのか、その薄さのせいなのか分かりませんが、とにかく軽く感じます。
通勤電車の中で片手持ちをしていても、時々持ち替えれば余裕で使えます。
やはり書籍や雑誌など文字のコンテンツは画面が大きい方が文字も大きく見えるため、目の疲れも少なくなると思われます。

画面が見やすい!


スクリーンショット 2014-10-28 21.25.25 液晶パネルにフルラミネーションディスプレーという改良が入り、さらに反射防止のコーティングもされたということで、視認性が上がっていることを実感できます。画面を見ていると表面のガラスを感じずに文字が表面に張り付いているようです。

バッテリーの持ちはAir同等?


スクリーンショット 2014-10-28 21.03.49 これはもう少し使ってみないと分かりませんが、バッテリーの容量が「Air」の8,820mAhであるのに対して、「Air2」は7,340mAhと少なくなっているそうです。CPUやメモリが強化されたと言うことで、少し心配な面ではあるのですが、今のところ、極端にバッテリーの減りが早いといったことは無さそうです。

その他の機能は、またの機会にお伝えしていきたいと思います。



iPad Air2を使いこなすには・・・




スクリーンショット 2014-10-28 22.01.34 僕は最近、携帯3キャリアのビジネスモデルから離脱して、データ通信はいわゆる「MVNO」「格安Sim」と呼ばれるものに乗り換えました。

その検討過程で、いっその事「Android」に乗り換えて、「Googleアプリ」を中心に使ってみることも考えましたが、行き着いたのは、これまでの「Mac OS X」と「iOS」にストックしてきたコンテンツを家族みんなで使っていくには、これまで通り「Mac OS X」と「iOS」に依存していた方がよいという結論でした。

「Mac」や「iPad」「iPhone」などは、あくまでコンテンツを消費するための道具です。
新しいバージョンでは、さらにシームレスに各機器間をつなぐことができるようになります。

「メッセージ」や「Facetime」「iTunes」や「iPhoto」の共有機能を、もっともっと使い込んで行きたいと思います。


ということで、簡単ですが購入レポートでした。
新たに迎え入れたiPad Air2。
旧型のiPadからはもちろんのこと、Air持ちの人でもそれなりに満足のいく買い物もなるのではないでしょうか。


photo credit: henry… via photopin cc

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSのシェアはこちらから!

ブログの更新情報をチェックしてね

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。