深発地震と巨大地震・巨大噴火の関連性は?

SNSのシェアはこちらから!

深発地震と巨大地震・巨大噴火の関連性は?

気象庁のHPより引用

気象庁のHPより引用



どうも!Marcoです。
昨日2015年5月30日20時24分ごろに起きた地震。
僕は内部被ばくを考える市民研究会の5月例会に参加して、川根先生の話を聞いている最中でした。

揺れが二度きたように感じましたが、浦和パルコ10Fにある会議室は、東日本大震災を思い起こさせるような、ゆっくりとした横揺れが長く続きました。

ツイッターのタイムラインを見ると、
「震源:小笠原沖、マグニチュード8.5」の文字が目に飛び込んできました。

すぐに頭をよぎったのは「津波がくる!」ということです。

女川、福島第一、第二、東海、浜岡と、太平洋岸にある原発が心配になりました。

地震がくるたびに、こんなことを考えなくてはいけないのは神経が休まりませんね。

今回の地震は震源がものすごく深い位置だったということもあり、津波は発生しませんでした。被害が少なく本当によかったです。

電車が止まったこともあり、なかなか家路につくことができなかった人も多かったようで、改めて首都圏の脆弱さを考えさせられる機会でもありました。

このエントリーでは、深発地震と呼ばれている震源が深い地震と、被害が大きくなる巨大地震、それから御嶽山や箱根山、そして口永良部島などでホットな火山の噴火の関係について調べてみました。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

深い震源の地震とは?

今回の地震の震源位置が深さ590kmという情報をあとから知ったのですが、それだけ深い震源だと津波が起きないのですね。
しかし広範囲にわたって揺れが起きました。

前日には鹿児島県の口永良部島が噴火したこともあり、それぞれの地震や噴火との関係が気になるところです。

果たして、深い震源の地震というのはどういったものなのでしょうか?

小笠原沖でM8.5 深い震源、最大クラス

三十日午後八時二十四分ごろ、東京都・小笠原諸島の西方沖を震源とするマグニチュード(M)8・5の地震があり、小笠原諸島の母島と神奈川県二宮町で震度5強を観測した。埼玉県の春日部、鴻巣両市、宮代町も震度5弱だった。震源の深さは約五九〇キロ。津波はなかった。 

三十日夜、小笠原諸島西方沖で起きたM8・5の地震について、東海地震の前兆を監視する地震防災対策強化地域判定会委員の吉田明夫・静岡大客員教授は「深発(しんぱつ)地震(おおむね地下三百キロより深い所で発生する地震)では最大クラス。非常に大きい地震だが、震源が非常に深いので余震は少ないとみられ、浅い所での大地震を誘発することも考えづらい」と説明する。

 震源から遠く離れた関東地方で強く揺れたのは「異常震域」と呼ばれる現象とみられる。震源は日本列島の下に沈み込んでいる太平洋プレート(岩板)の内部と推定されるが、震源が非常に深いと時折起きる現象だ。地震波が震源から、比較的硬いプレートの中を効率よく遠くまで伝わるために起きる。

 震源から距離的に大差のない愛知県などで震度2程度だったのは「地震波が伝わる途中でマントルの中を通るので、地震波が衰えやすいため」という。二〇一三年五月のサハリンの地震(M8・3、深さ五九〇キロ)でも同じような現象が起きている。

 余震については「M6~7クラスの可能性はあるが、本震と同じく非常に深い所で起きるので、被害が出る恐れは小さい」という。

2015年5月31日 東京新聞 より引用


この記事では「浅い所での大地震を誘発することも考えづらい」としていますが、本当のところはどうなのでしょう?


某巨大掲示板の書き込みに次のようなものがありました。


>>31
>234 ムーンサルトプレス(中国・四国)@転載は禁止 sage 2015/05/30(土) 21:15:51.06 ID:/PDIDTk0O
>>>12に補足する


>2008年11月24日 : オホーツク海 – Mj 6.5、深さ492km[2]、Mw 7.3、深さ491km
>2010年11月30日 : 日本 小笠原諸島西方沖 – Mj 7.1、深さ494km[2][4]
>↓
>2011.3.11


>2013年5月24日 :オホーツク海 – Mj 8.3[2]、Mw 8.3、深さ598km(気象庁[2])・608.9km(USGS[6])(オホーツク海深発地震)
>2015年5月30日:日本 小笠原諸島西方沖 – Mj 8.5、深さ590km
>↓
>?


>みなさんマジで気を付けよう


東日本大震災が起きた前に深発地震が起きている?
これが本当ならこれまで以上に注意する必要がでてきます。
なので少し調べてみました。


深発地震と大地震の関係性は?

Wikipediaの地震の年表(日本)および深発地震のページから、主だったものを抜き出して表にまとめてみました。

▼深発地震後に起きた大地震
スクリーンショット 2015-05-31 12.00.56
スクリーンショット 2015-05-31 12.01.14
スクリーンショット 2015-05-31 12.01.35
東日本大震災は確かに、2008年11月に起きたオホーツク海の深さ492kmの地震と、その後に起きた2010年11月の小笠原諸島西方沖の深さ494kmの地震の後に起きています。

そして今回2012年8月と2013年5月にオホーツク海の深さ600km以上の二つの地震が起きていて、今回の小笠原諸島西方沖の深さ590kmの地震となっています。

「偶然」なのか「必然」なのか、ちょっとこれだけではわかりませんが、東日本大震災以外でも、深発地震のあとに大きな地震が起きているという事実がこの表から分かります。

また、2000年8月の小笠原諸島西方沖の深さ445kmの地震のあとに、三宅島が噴火しているという部分も気になります。

同じ富士火山帯上であれば、箱根山や富士山など、これから噴火が懸念されているこれらの火山にどうのように影響するのか、心配はつきません。

In Deepさんより

In Deepさんより



このデータを見て単純に「次は大地震が…次は大噴火が…」と考えるのは早計でしょうか?

常に次に備えて準備だけはしておいた方がよさそうです。
再度、家族との連絡方法や、避難経路、水や食料などのストックなど、見直しておきましょう。




 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSのシェアはこちらから!

ブログの更新情報をチェックしてね

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。