【咳ぜんそく】あなたの周りにも増えてませんか?

SNSのシェアはこちらから!

【咳ぜんそく】あなたの周りにも増えてませんか?先月くらいから気になっていた事があります。風邪をキッカケにその後、咳が抜けないという症状の人が周りに複数人いること。今日もまた一人同じような症状の人と話をしました。みんな一様に「今までこんな咳が続いた事はなかった」と言います。

僕自身も4月に風邪を引き、最初は38度の熱が出ました。背中全体がけだるく週末はずっと布団の中で過ごしました。その後熱は引きましたが、今度は咳が止まりません。乾いた空咳がコンコンと何度となく続きます。医者からはアレルギーだろうと言う事で抗アレルギー剤を処方してもらい、しばらくしてやっと収まってきましたが、ひと月以上たった今もたばこの煙などに反応して咳が出てしまいます。

このような症状を訴える人が現在直接聞いただけで7人になります。性別は男、20歳代から40歳代。千葉県、埼玉県、群馬県、東京都在住、都内勤務者となります。



この症状をNetで調べると咳ぜんそくという症状が近いようです。

かぜは治ったはずなのに、咳はちっとも治まらない、といったような状態が数週間続いたら、それは咳喘息かも知れません。

咳喘息は、慢性的に咳が続く気管支の病気です。一般的な喘息と同様、気道(呼吸をするときに空気の通る道)が狭くなり、いろいろな刺激に対して過敏になって、炎症や咳の発作が起こります。

室内外の温度差や、たばこの煙を吸う受動喫煙(※)、運動、飲酒、ストレスなどのほか、ホコリやダニなどのいわゆるハウスダストが発作の要因になるといわれており、患者数は年々増加しています。この病気は、特にアレルギーのある人に多いとされています。アレルギー反応によって、気道が炎症を起こしてしまうためです。

かぜに併発して起こることが多く、かぜをひいたあとに2~3週間以上、咳が続くことがあれば、この病気の可能性があります。女性に多い傾向があり、しばしば再発を繰り返します。

気になる症状があれば専門医(呼吸器科・アレルギー科・耳鼻咽喉科)で詳しく診てもらうことをおすすめします。

監修/北村 聖

東京大学医学教育国際協力研究センター 教授

引用元:http://www.myclinic.ne.jp/imobile/contents/medicalinfo/gsk/top_respiratory/respiratory_006/mdcl_info.html



みなさんの周りにはこのような症状が流行していませんか?

なんらかのアレルギーを誘発する原因物質が身の回りにあるのかもしれません。しばらく注視してみたいと思います。



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSのシェアはこちらから!

ブログの更新情報をチェックしてね

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。